尋常性乾癬ライブラリー

尋常性乾癬は皮膚湿疹の一種とされています。しかし治療法はありますが原因ははっきりしていません。原因や治療効果を説明します。

尋常性乾癬が起こる原因は?見分け方や治療法はあるのですか?

尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)の原因は、特定できる場合もあれば“複合的”と診断される場合もあります、原因や治療法について考えてみましょう。

■複合的な要素の重なりで起こる尋常性乾癬。

尋常性乾癬は皮膚炎の一種とされていますが、残念ながら原因が何なのかを特定するには至っていない病気です。

家族の中にアトピーなどの皮膚炎を発症しているから体質や遺伝ではないかとみる向きもありますが、一方では環境やストレスが発症源とする見方もあります。

「おそらくいろいろな要素が複合化して起こっているのではないか」というのが、皮膚科など専門医の一致した見方です。

★詳しくは–>《URL:http://www.perthhotelscotland.com/

■治療法はレーザー光で複数回の施術が必要。

皮膚科を受診すると、生活習慣や遺伝性も含めて尋常性乾癬の原因を一応は探ってくれます。

特定できるケースもあれば、特定できずに複合的要因と診断されるケースもあります。

治療法はレーザー治療です。

赤ピンク色に腫れ上がった患部に直接レーザー光が照射され、ごく短い照射時間で患部に対し順次施行していきます。

この治療で完治できるかどうかは個人の症状によります。

1回の施術では終わらず、複数回の通院と経過観察が必要になります。

■尋常性乾癬とアトピー性皮膚炎には見分け方があります。

痒みはなくても赤ピンク色の雲のように腫れ上がってくるのがサインです。

尋常性乾癬の出はじめは、アトピー性皮膚炎ではないかと見間違う人が多いようです。

しかし尋常性乾癬の場合は、赤ピンク色に、ちょうど大きな雲のようにプックリと腫れ上がってくるのが特徴です。

アトピーのように局所的に小さな赤い湿疹が重なって起こるのとは異なります。

気づいたらすぐに皮膚科を受診しましょう。